舌側矯正 二つの方法

舌側矯正には、主に二つの治療方法があります。

また、舌側矯正にインプラントを加えて治療する「インプラント矯正」があります。


フルリンガル法

上下の歯の裏側に矯正装着する方法です。この方法のメリットは、矯正装置が外から見えなくなるということです。口腔内ゴムも歯の裏側にかけますので外からは一切見えず、矯正していることに気付かれません。慣れるまでに多少時間がかかりやすいなどの問題はありますが、審美性に優れた方法と言えます。

ハーフリンガル法

上の歯に舌側矯正装置を付け、下の歯の表側に見えてしまう矯正装置を付ける方法です。この方法のメリットは、フルリンガル法に比べて費用が割安になるということです。また、フルリンガル法ほど慣れるまでに時間はかかりません。

 

デメリットとしては、下の歯の矯正装置が外から見えたりするなど、フルリンガル法よりも審美性に若干劣ることが挙げられます。しかし、一般的に下の歯は見えにくいものです。下の歯には審美性の高い歯と同系色の装置(セラミックブラケットなど)やホワイトワイヤーを用いることで、見た目の問題を改善しています。


 

最適な治療方法をご提案します

 

審美性ではフルリンガル法が優れ、費用面ではハーフリンガル法が優れていると言えます。ゆめりあ矯正歯科クリニックでは、フルリンガルでもハーフリンガルでも治療期間は変わりません。通常よりも短い期間での治療をご提供しています。患者様一人ひとりにカウンセリングを行い、歯ならびの状態や費用などを考慮し、最適な治療方法をご提案しています。

 

ゆめりあ矯正歯科クリニックの短期間矯正について ▶︎

監修:ゆめりあ矯正歯科クリニックの公式ホームページへ 

インプラント矯正

矯正用のインプラントを歯ぐきの部分から骨に挿入し、このインプラントを軸に歯を動かしていく方法です。インプラント矯正では歯を動かすスピードを早めることができるので、治療期間を短縮することができます。また、歯ならびの乱れが大きい場合に、もっとも効果的な方法となります。

 

インプラントは小さなネジの器具です。小さいのでお口の中に挿入しても違和感や痛みはほとんどありません。また、矯正用インプラントは治療が終了したら外します。そのため傷跡も残りません。